D.Gray-manのネタバレと感想!試し読みはココから


この記事は約 6 分で読めます。



哀れなアクマに魂の救済を。

 

D.Gray-manは19世紀末の仮想のヨーロッパを繰り広げられる
少年エクソシスト・アレン・ウォーカーによる悲劇と救済の物語です。

 

7月より二度目のアニメ化がされるということで
現在話題を集めています。

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【D.Gray-man】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

D.Gray-manを無料で立ち読み

 

お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

D.Gray-manのあらすじ

 

エクソシストそれは神に魅入られた者達。

 

仮想の19世紀末のヨーロッパそこではまことしやかに
奇妙な事件のことが噂されていました。

 

それは何人も人が消えている呪われた協会の噂。

 

新米警官のモアは真相を確かめるべく
その教会へと調査に訪れます。

 

そこで出会ったのは白髪の旅人を名乗る少年でした。

 

明らかに怪しいその少年を取り調べしている最中に起こった
同僚の不可解な死。

 

D.Gray-man
D.Gray-man

 

モアの同僚を殺したのはAKUMA(アクマ)だと言う少年アレン・ウォーカー。

 

そしてそれを退治する聖職者
エクソシストという存在を口にします。

 

噂と恐怖が広がっていく街で
モアは義理の兄と二人で暮らしです。

 

しかしこの義理の兄は酷く憔悴しており
モアも彼のことを心配している様子です。

 

街の人々も彼マルク牧師とこの教会で起こった
数年前の事件について噂しています。

 

そんな義理の兄・マルク牧師と暮らしている家に
モアは身柄を預かるように命じられたアレンを連れ帰ってきます。

 

アレンの言葉をバカバカしいとばかりに否定していたモアでしたが
悲劇は彼女のすぐそばまで迫っていました。

 

D.Gray-manを無料で試し読みをしてみる
 

サイト内より【D.Gray-man】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

D.Gray-manのネタバレ

 

悪魔は空想の生き物呪いや悪魔など自分は信じていないと口にするモアに
アレンは自分が言っているアクマはそういったものではないと否定します。

 

「AKUMA(アクマ)」とは人類を標的につくられた兵器の名前
普段は人の形をしているので人間と区別をしにくい。

 

そう説明をするアレンとモアの前にマルク牧師が現れます。

 

モアの目の前で異形へと姿を変えるマルク牧師間一髪のところで
アレンに助けられますがアクマの弾丸を受けた猫は
その場でウイルスに侵食され砕け散ります。

 

D.Gray-man
D.Gray-man

 

それはモアがみた同僚の死にざまとまったく同じで…呆然とする彼女に
アレンはアクマの存在とその在り方を説明します。

 

製造者こと千年伯爵により造られた悲しき悪性兵器。

 

AKUMAを使い進められる世界終焉への計画を阻止するために
エクソシストそして対AKUMA軍事機関である黒の教団は存在しています。

 

世界とAKUMAとなった魂の救済のためアレンは仲間と共に
激しい戦いに身を投じていくこととなります。

 

イノセンスと適合する人物を探す中出会ってしまったノアの一族
その目的黒の教団に属するエクソシストたちに隠されたそれぞれの過去や事情。

 

多くの悲劇と人々の涙を背負いながら
エクソシストたちは今日も戦いを続けていきます。

 

どんなに長く辛い道のりであっても
それしか世界を救う方法はないのだから。

 

D.Gray-manを読んでみる
 

サイト内より【D.Gray-man】と検索。

 

D.Gray-manの感想

 

美しい絵柄で紡がれるダークファンタジーな世界観が魅力的な本作。

 

最初は少年漫画特有のバトル漫画だと思って読み始めましたが
想像以上に重く濃いストーリーと世界観でした。

 

まずAKUMAの設定。

 

AKUMAは千年伯爵によって造られた悪性兵器です。

 

兵器とはいうもののその中身は死者の魂そのものであり
魔導式ボディに拘束されたその魂に自由はありません。

 

哀れな魂を救う方法はただ一つ
エクソシストがもつイノセンスによる破壊のみ。

 

D.Gray-man
D.Gray-man

 

倒す敵サイドにも事情がある…というのは割とありがちですが
AKUMAに関しては悲しみ連鎖の末生まれてしまった存在という点が
悲壮感とやるせなさを引き立てられます。

 

またアレンが属する黒の教団についても表向きは正義の機関ではあるものの
ノアの一族への対抗がゆるぎなく根底にある機関なので
非人道的な行為をしていたりといった描写が多々みられます。

 

なので敵を倒してスカッと爽快な展開というよりも
重く後に引く雰囲気が強いです。

 

その中でもクスッと笑える描写やコミカルなやりとりが
ガス抜きのように入れられています。

 

キャラクター一人一人の過去やバックグラウンドもかなり綿密に考えられており
今後の展開や過去を予想するのもまた楽しいです。

 

7月からは新たなアニメも放送されることとなっており
今後ますます目が離せなくなりそうな作品です。

 

D.Gray-manを読むしかない
 

サイト内より【D.Gray-man】と検索。

 

 
イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です