暗殺教室のネタバレと感想!試し読みをするならココから


この記事は約 10 分で読めます。



アニメ化・映画化といろいろなジャンルに展開した
「暗殺教室」です。

 

暗殺をするということを通して生徒たちに大事なことを教えていく
殺せんせー教育論を読んで楽しい学生時代を
振り返ってみるのはどうでしょうか?!

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【暗殺教室】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

暗殺教室を無料で立ち読み

 

お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

暗殺教室のあらすじ

 

潮田渚のクラスに4月触手の生えた謎生物やってきて
防衛省の烏間から暗殺し報酬は100億と言われ
渚たちは呆然とします。

 

渚たちはその謎生物に「殺せんせー」と名付けます。

 

渚たちのクラスが学校・生徒から「エンドのE組」と蔑まれたクラスの生徒なので
渚たちは皆自信や諦めの中生活していたのですがそこに殺せんせーが現れ
渚たちの表情は活き活きとしてきました。

 

暗殺教室
暗殺教室

 

烏間もその暗殺教室に加わり体育教師として暗殺術を教えていき
渚たちは体を鍛え始めたとき停学していた赤羽業が戻ってきて
殺せんせーに握手を求め触手を溶かし挑発しにっこり笑い
殺すと決めます。

 

暗殺をいろいろ試しますが暗殺とは何かを教え込まれ手入れされていき
最後に業のとった行動は飛び降り助けるか見捨てるか?の究極の選択を選ばせ
教師として死ぬか?暗殺される側として死ぬかその究極の選択に殺せんせーは
第三の選択肢を選び業を助け自分も殺されないという選択を選び
業は殺せんせーは今は殺せないけどいつか必ず!と
殺せんせーを教師として認めるのでした。

 

暗殺教室を試し読みをする
 

サイト内より【暗殺教室】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

暗殺教室ネタバレ

 

2学期には順調に実力を付けていくE組生徒たちの目の前に
プロの暗殺者も恐れる世界一の殺し屋「死神」が現れ
殺せんせーの不在時を狙いE組全員を人質として
捕らえてしまうのです。

 

生徒たちが捕らえられたことを知り殺せんせーと
防衛省の自衛官であり担任である烏間が助けに向かいますが
死神の罠にはまり殺せんせー自身も捕らわれ生徒ごと
暗殺を実行する寸前まで追い詰められるのです。

 

絶体絶命のピンチを迎えるが生徒たちの機転により
自分たちが脱出に成功したように見せかけ暗殺実行を止め
確認に戻ってきた死神は待ち構えていた烏丸の反撃により倒されました。

 

そして文化祭も終わり片づけを渚と茅野がしていると
殺せんせーが手伝いに来ます。

 

茅野は首の裏から触手を出したのです!

 

殺せんせーへと攻撃を繰り返し殺せんせーは
エネルギー砲でその猛攻から逃げます。

 

実は茅野は本名ではなくE組の最初の教師
「雪村あぐり」の妹でした。

 

渚たちは殺せんせーに何があったのかと聞き
殺せんせーは茅野も全員揃ったら話すと約束し
茅野との戦いに向かいます。

 

茅野は殺せんせーに姉を殺されたのだと思い
復讐のため爆発現場に落ちていた触手の種を
自分に打ったのです。

 

茅野の体は触手によって生命力を吸い取られ
死に向かいながらも殺せんせーを攻撃し
追い詰めえていきますが殺せんせーは
必死に茅野の心の隙を作り渚は茅野の殺意から
気をそらすためキスします。

 

キスによって「殺す」という意識がそれたとき
殺せんせーは茅野の触手を抜き切ります。

 

そして殺せんせーは自分の過去を話すのでした。

 

自分が本当の「死神」と呼ばれた殺し屋であったことを・・・

 

そして弟子に裏切られ捕まりある研究所でモルモットとして
生きていくことになりそこで雪村あぐりと出会った。

 

実験により異形の形となり力を付けた死神を
殺そうとした柳沢は兵隊を使い殺そうとします。

 

その時助けに入り死んでしまったのが雪村あぐりだったのです。

 

死神は気づいたのです。

 

この力は別の使い道があったことを・・・

 

あぐりは死神にE組の子たちに教えてほしいと。

 

死神は残された時間を教師として使い
あぐりの遺志を継ぐことを決めたのでした。

 

殺せんせーの話を聞いた渚たちは殺せんせーを殺すべきか悩み
殺さない派の渚組・殺す派の業組でサバイバルで決着をつけることになります。

 

最後は渚と業の一騎打ちとなり渚は最後までくらいつき
業は負けを認めます。

 

渚たちの出した答えは殺さない方法を探すというものでした。

 

そのヒントが国際宇宙センターにあることを知った渚たちは
宇宙へと向かうのです。

 

宇宙センターでデータを手に入れた渚と業は地球へと戻り
クラスのみんなでデータ解析をすると殺せんせーの死亡確率は
1%であることを知り先生が死なないで済む薬を作ります。

 

そして彼らの出した答えは・・・・

 

国からの依頼が消えない限り3月まで全力で暗殺を続ける。

 

それが絆でありE組の必修科目だから・・・

 

三学期E組全員高校受験に合格します。

 

殺せんせーはE組だけの即業アルバムを作ると
言い出しまします。

 

暗殺教室
暗殺教室

 
渚は進路に悩んでいましたが家庭教師をしている
女の子を見ていて考えたのです。

 

「殺せんせーのような教師になりたい」と・・・

 

同時期政府はまだ動いていたのです。

 

殺せんせー暗殺計画を・・・

 

卒業アルバムを作成している殺せんせーの校舎に対先生透過レーザー「天の矛」を
宇宙から打ちましたが殺せんせーは間一髪で逃れ外に逃げようとしましたが
そこにはもう一つの兵器「対先生透過レーザーバリア「地の盾」」が
張り巡らされていたのです。

 

E組の面々は何が起きたのかすぐに察し学校へと急ぎます。

 

校舎へと続く道は装甲車両によって封鎖されていました。

 

政府はこの異常事態をすべて殺せんせーを悪人とした発表をし
マスコミは取材のためにE組の生徒たちを追いかけまわします。

 
 
E組の生徒はこのまま先生と別れるのは嫌だと調査に乗り出します。

 

政府はそんなE組の動きを知りプロの傭兵集団を雇い
E組を全員捕まえてしまうのです。

 

そんな事態に烏間は司令官に意見するのですが
E組は隔離されてしまいました。

 

烏間は隔離されているE組に今の状況と暗号を言います。

 

渚はその暗号に気づき指定された期日まで
E組は作戦を練り模擬訓練を始めるのです。

 

その頃殺せんせーは卒業アルバムを
延々と作成していました。

 

「最後に生徒たちに会いたい・・・」ただそれだけの気持ちで
空を見上げるのでした。

 

それはE組たちも同じ気持ちだったのです。

 

期日になっても隔離部屋から出られないE組は
焦りを感じ始めていたときイリーナが現れて
生徒たちにキスをしていくのでした。

 

イリーナが去るとE組の口の中には
キスで渡された爆薬一式だったのです。

 

烏間とイリーナの手引きで脱出したE組。

 

特殊スーツを身にまとい最後のミッション!
「全員無事に登校すること」

 

E組はこの一年殺せんせーや烏間から教わったスキルと
地の利を生かし伝説の傭兵集団を倒していきます。

 

あの学び舎の山での彼らは
無敵の暗殺集団となっていました。

 

最後の砦となる傭兵のリーダーが立ち塞がるのです。

 

眼鏡を撮ったら先頭へのスイッチとなる彼を
まずE組は戦闘態勢に入れないように攻撃していきます。

 

銃撃戦に入らせないようにコンビネーションを組んで
追い詰めていきます。

 

警戒を怠らず皆で連携してチャンスを待ち
標的の体制が整う前にカタをつける。

 

これが彼らの作戦だったのです。

 

最期のトドメは業と渚のコンビネーションで落します。

 

そして殺せんせーの待つ校舎へと向かい
殺せんせーと再会しあい喜びます。

 

しかしバリアがあっては通れない二人が
侵入していたことにまだ誰も気づいていなかったのです・・・

 

暗殺教室を読んでみる
 

サイト内より【暗殺教室】と検索。

 

暗殺教室の感想

 

暗殺教室は「暗殺」というものを通して教育とは
育てるとは命とは何かを教えてくれる作品でした。

 

1年を通して彼らは「エンドのE組」という烙印や
自信のない諦めた生活から自分でもできること
自信を持つこと・信じること・絆そういったものを
学んでいくのです。

 

殺せんせーは彼らの人生の師であり
道しるべのような存在だったのかもしれません。

 

暗殺教室
暗殺教室

 

彼らE組はきっと人生の友に出会いそして今でも友情や
絆を大事にしているのではないでしょうか?

 

この作品はまだ最終巻は出ていませんが本誌では
最終回を迎え番外編へと展開しています。

 

最終巻や続編が気になりますね!!

 

暗殺教室を読むしかない
 

サイト内より【暗殺教室】と検索。

 

 
イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です