文豪ストレイドッグスのネタバレと感想!無料試し読みはココから


この記事は約 7 分で読めます。



歴史上の文豪たちと同じ名前を持つ個性豊かなキャラクターたちが
個性豊かな異能を駆使して戦うシーンが圧巻! 

 

孤児院を負われた中島敦は横浜の川でおぼれている男を助ける。

 

それがきっかけで敦は人生を一変させるのでした。

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【文豪ストレイドッグス】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

文豪ストレイドッグスを無料で立ち読み

 

お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

文豪ストレイドッグスのあらすじ

 

孤児院で育った中島敦は人食い虎が出るといううわさが
巷で流れる中孤児院を追い出されるのでした。

 

敦は孤児院で虐待を受けていたのですが外に出た敦に身寄りなどなく
おなかをすかせて横浜をさまよいます。

 

そんなとき川でおぼれているある男を見つけました。

 

敦はその男を助けるのですがその男の趣味はなんと自殺。

 

川で入水自殺を図っていたのでした。

 

文豪ストレイドッグス
文豪ストレイドッグス

 

その男は太宰治。

 

太宰は異能力集団「武装探偵社」一員で人食い虎が
横浜に出たという事で人食い虎の捜索の最中でした。

 

太宰に出会ったことで敦は武装探偵社に入社するのですが
自分こそが武装探偵社の探していた虎であることが
発覚してしまいます。

 

敦は虎に変身することのできる異能を持っていました。

 

無意識のうちに虎に変身してしまう敦でしたが
太宰の持つ「人間失格」という異能を
すべて無効化する異能により事件は解決されるのでした。

 

文豪ストレイドッグスを無料で立ち読みしてみる
 

サイト内より【文豪ストレイドッグス】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

文豪ストレイドッグスのネタバレ

 

この作品の中では主人公の所属する武装探偵社裏社会のポートマフィア
北米の異能組織であるギルドといった組織が登場しお互いに争います。

 

それぞれに所属する人間たちは異能者がほとんど。

 

初めは人食い虎を探すために探偵社に所属する敦でしたが
のちに自分こそが人食い虎であることを太宰に告げられます。

 

無意識に虎に変身してしまう敦でしたが
太宰の「人間失格」より何とか沈静化。

 

そして太宰は敦が正式に武装探偵社の社員になれるようにします。

 

武装探偵社の社員に敦がなったころから武装探偵社は
ポートマフィアからたびたび襲撃されます。

 

その原因は敦に裏社会でかけられた70億もの懸賞金でした。

 

その時に敦を追ってきたのがポートマフィアのヒットマン芥川龍之介。

 

その芥川の異能「羅生門」の前に敦は一度敗れます。

 

しかしポートマフィアが泉鏡花という少女を
戦わせていたことに怒る敦は芥川を破り
鏡花と共にポートマフィアを脱出するのでした。

 

その後敦に懸賞金をかけたのは北米の
異能集団「ギルド」であると発覚します。

 

文豪ストレイドッグス
文豪ストレイドッグス

 

ギルドは目的のためには手段を選ばず
横浜を壊滅させることもいとわないのでした。

 

横浜に危機が迫る中横浜を拠点とする武装探偵社は
ポートマフィアとギルドを打ち破るために
一時休戦するのでした。

 

武装探偵社は社長である福沢諭吉を筆頭にした組織です。

 

彼の異能は「人上人不造」です。

 

詳しい能力はまだわかっていません。

 

そして探偵社としての中心人物が江戸川乱歩です。

 

彼は「超推理」という能力を持っていますが
異能ではなく単純に推理力がずば抜けています。

 

そして異能を無効化する「人間失格」を持つ太宰治。

 

手帳に書き込んだものを具現化する「独歩吟客」を操る
国木田独歩などが武装探偵社に所属しています。

 

そして武装探偵社と敵対するポートマフィアの首領は森鷗外で
異能は「ヰタ・セクスアリス」です。

 

今のところ能力の詳細は一切不明です。

 

彼の部下には影のようなものを操る「羅生門」を使う芥川龍之介
重力を自在に操る「汚れつちまつた悲しみに」を使う
中原中也などがいます。

 

ギルドは団長をフィッツジェラルドとしています彼は
「華麗なるフィッツジェラルド」という詳細は
明かされていないもののおそらく
肉体強化系の能力を使います。

 

部下には「深淵の赤毛のアン」を操るモンゴメリなどがいます。

 

また敦は孤児院でいつも自分が否定されていたことにより自分は存在する必要が無いと
考えていますが武装探偵社のメンバーと触れ合ったり他の組織との戦いの中で
自分の存在というものを認めていくのでした。

 

文豪ストレイドッグスを立ち読みする
 

サイト内より【文豪ストレイドッグス】と検索。

 

文豪ストレイドッグスの感想

 

文豪という固そうな言葉とは裏腹なジャケットにひかれて手に取ったこの本ですが
登場人物たちはおそらくその名前の本人とはいい意味で違うキャラクターたちで
それぞれにとても個性がありすべてのキャラクターが好きになりました。

 

それぞれが持っている異能も一つ一つが全く違ったもので
それを駆使して力任せに戦う事もあれば頭脳戦を展開することもあり
戦闘シーンも見ものです。

 

文豪ストレイドッグス
文豪ストレイドッグス

 

ストーリーも大きな話で区切りがしっかりと着くので読みやすく
次の話はどのようなものになるのかワクワクしています。

 

間に挟まれるように描かれる武装探偵社のメンバー一人一人の話も魅力的で
それぞれのメンバーをさらに好きになります。

 

とてもお勧めですので是非お試しください。

 

文豪ストレイドッグスを読むしかない
 

サイト内より【文豪ストレイドッグス】と検索。

 

 
イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です