初恋は中毒のようでのネタバレと感想!試し読みはこちらから


この記事は約 7 分で読めます。



初恋は中毒のようで

 

先生と生徒の恋愛事情。

 

ドキドキしながら読めちゃいます。

 

もし同じ職場に一度関係をもってしまった教え子がいたら・・・・・
普通には接することできないかも・・・・

 

でも再会したことによって気持ちに変化が・・・・
三角関係どうなっていくのか??

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【初恋は中毒のようで】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

初恋は中毒のようでを無料で立ち読み

 

お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

初恋は中毒のようでのあらすじ

 

私立青蘭学園高等学校の化学教師となった桜谷みなみ
理事長の雅人はみなみの恋人で彼が専任教師として
この学園に呼び入れてくれたのだ。

 

そしてそこで再会したのが及川。

 

彼はみなみが4年前青蘭学園に教育実習生としてきていた時に
生徒としていたのが18歳の彼だった。

 

そして教育実習の最後の日
教育実習生控室の前で待っている彼。

 

彼はみなみのことがずっと好きで告白し続けていたのだ。

 

初恋は中毒のようで
初恋は中毒のようで

 

相談があるという彼を控室に招き入れたのだが
彼からは告白の答えを求められる。

 

ギュッと握られた彼の手を振り払えないみなみ。

 

彼の気持ちが熱くてただもっと感じていたかったと
思ってしまったのだ。

 

初恋は中毒のようでを無料で試し読みしてみる
 

サイト内より【初恋は中毒のようで】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

初恋は中毒のようでのネタバレ

 

そしてついにみなみは及川と結ばれてしまう。

 

及川の自分に向けられる熱い気持ちがうれしくて
こばむことなんて考えれなかった。

 

でもそのあとみなみは謝って及川の前から去ってしまう。

 

そんな嫌な記憶をもったままもう二度と彼とは会わないと思っていたのに
赴任先で及川と再会してしまい動揺が隠せないみなみ。

 

生徒の間で理事長の雅人とみなみが付き合っていると
噂になっていてそれが及川の耳にも入る。

 

そしてみなみに理事長に自分とのことを黙っていてほしければと
いろんな仕事をみなみに押し付ける。

 

及川に文句を言うとじゃあと一緒に仕事をすることに。

 

及川が教育実習の時の話をしているうちに
いろいろなことを思い出す。

 

教育実習の間他の生徒たちが「みなみちゃん」と呼んでいたのに
及川だけは「桜谷先生」と呼んでくれていたこと
自分はどれだけ彼を傷つけてしまったのだろう。

 

翌日及川との仕事の最中なぜ及川だけ自分のことを先生と呼んでくれていたのか聞くと
「好きだったから。名前呼んだらもう止まれないと思ったから」という返事。

 

それを聞いて動揺するみなみ。

 

「あの時告白したのが今の僕だったらどうしますか?」と言い
キスをする二人。

 

初恋は中毒のようで
初恋は中毒のようで

 

雅人からの電話も取らず再びキスをする二人・・・・。

 

みなみは初めて彼に触れた時のことを思い出していた。

 

初めて彼に触れたときの彼の熱さ酔うような心地よさ
自分でも驚くぐらいに覚えていたのだ。

 

再び雅人からの電話に現実に戻る二人。

 

及川はそのままみなみの前を去る。

 

みなみはもやもやした思いのまま雅人とのデートへ行き
そこで雅人からプロポーズされる。

 

彼と一緒に居たら幸せになれるそう思うみなみだが返事ができない。

 

自分の気持ちに気づいてしまった以上
及川の気持ちも自分の気持ちも
確かめないと後悔する・・・

 

そう思ったみなみは学校で及川の姿を探す。

 

会えた及川ときちんと話をしようと思った矢先
他の先生に出張の話をされそのまま話ができないまま
二人は出張へ。

 

このまま結婚した方がいいに決まっている及川の気持ちに流されるほど
自分は子供じゃないなどと自分に言い聞かせながらも
及川のことが気になって仕方のないみなみ。

 

出張先で飲み及川を部屋まで送り届けることになってしまったみなみは
ついに及川に「私のこともう好きじゃないの?」と聞いてしまう。

 

そこで気づいたみなみ。

 

及川が私のことを好きなんじゃなくて私が及川のことを好きなのだと。

 

そしてみなみは雅人のプロポーズを断ってしまう。

 

もう気持ちだけで動けるほど若くないでも
無視できるほどもう強くはないのだ。

 

屋上で思い切り叫んだあとこれで全部終わりにしようと。

 

するとそこには及川の姿が。

 

及川の気持ちもずっとみなみにあったのだ。

 

やっと通じ合う二人の想い。

 

彼に初めて会ったのは4年前。

 

だめだとわかっていても間違っていると思っていても
あの時から自分を止められないでいたのだ。

 

初恋は中毒のようでを試し読みする
 

サイト内より【初恋は中毒のようで】と検索。

 

初恋は中毒のようでの感想

 

教師と生徒の禁断の恋。

 

よくあるのが女子生徒と男性教師の話かと思いきや
逆の女性教師と男性生徒の恋バナ。

 

意外とありそうなシチュエーションでドキドキ。

 

こういうしたらダメだと思えば思うほど
想いってけっこう強くなるもので。

 

結婚するには適齢期だしプロポーズの相手は理事長という安定さ。

 

彼のこともちゃんと好きだけど・・・

 

以前気持ちを封印した相手と再会してしまったら
気持ちはやっぱり揺らいじゃうと思う。

 

初恋は中毒のようで
初恋は中毒のようで

 

ただの想いだけで動いてしまうほど若くもない。

 

相手の気持ちがわかってじゃないと動けない・・・と思うけど
後先考えずプロポーズは断っちゃったみなみ。

 

及川に気持ち伝わってよかった。

 

女心が上手に描写されていて終始ドキドキしながら読めたので
たくさんの人に読んでもらいたい。

 

初恋は中毒のようでを読むしかない
 

サイト内より【初恋は中毒のようで】と検索。

 

 
イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です