非激愛~不倫という恋をしたのネタバレと感想!試し読みはココ


この記事は約 7 分で読めます。



曽根富美子傑作選。

 

非激愛~不倫という恋をしたに収録の花曇り。

 

姉を死なせた男が今度は妹を後妻に迎えると言うのです。

 

男の意図はどこにあるのでしょう。

 

美しかった姉と姉を慕う妹の運命は?
そこには男の切なすぎる物語がありました。

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【非激愛~不倫という恋をした】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

非激愛~不倫という恋をしたを無料で立ち読み

 

お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

非激愛~不倫という恋をしたのあらすじ

 

征代は里子の9つ上の自慢の姉でした。

 

お世辞にも美人とは言えない里子に比べ
征代は美人で気立てが良くて
町中の評判の娘でした。

 

当時姉妹の家には借金がありその借金を返す為に
姉は19歳でお金持ちの家にお嫁に行きました。

 

周囲からは「玉の輿」と羨まれながらの嫁入りだったのですが
姉は散々苦しんで美しかった面影もなくやつれて
流行病で死んでしまいます。

 

非激愛~不倫という恋をした
非激愛~不倫という恋をした

 

数年後今度は里子を後妻に迎えたいと男から申し入れがあり
「姉を殺した男の元に嫁ぐのは嫌だ」と里子は訴えますが
結局は泣く泣く嫁ぐ事になります。

 

婚礼の夜夫と向き合った里子は
緊張からおもらしをしてしまいます。

 

「この家はご不浄に行くと言えぬくらい緊張するのか」と
悲しげな表情の夫は恥ずかしさと情けなさで
顔を上げられない里子の手を取って風呂場へ連れて行き
里子の身体を愛おしそうに洗うのでした。

 

そして優しく包み込まれるように夫婦になった里子と夫。

 

夫はそれからも里子を心から大切にし慈しみました。

 

そして里子も夫に心を尽くして仕えます。

 

そんな日々の中で里子はふと思い、
私はこんなに幸せで良いのだろうかと・・・

 

あの男は大好きだった姉を苦しめて殺した憎い男なのに。

 

非激愛~不倫という恋をしたを無料で試し読みする
 

サイト内より【非激愛~不倫という恋をした】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

非激愛~不倫という恋をしたのネタばれ

 

夫は里子に告白します。

 

何故姉はあんな惨い死に方をしたのかを。

 

夫は征代に何ひとつ不自由はさせまいと着物や
宝石など様々な贅沢品を買い与えましたが
彼女はいつもただ薄く笑うだけでした。

 

それを見た夫は征代に愛されている実感が持てなくなって
どんどん悪い方へ考えが及んでしまいます。

 

征代は借金の為に好きでも無い自分の元へ
泣く泣く嫁いで来たのではないか本当は
自分より好きな男が他にいるのではないかと
疑う事を止める事ができなくなりました。

 

彼女に暴力を振るい責め立てましたが彼女はいいえ
いいえと力なく泣くばかり。

 

夫は荒れて酒を飲み芸者遊びをし姉の隣で女を抱きました。

 

姉は苦しみ抜いた挙句に流行り病であっけなく死んでしまい
その時になって初めて夫は自分の過ちに気づいたのでした。

 

何故こんな事になってしまったのか。

 

誰より彼女を愛していたのに。

 

非激愛~不倫という恋をした
非激愛~不倫という恋をした

 

と自分を責め続ける毎日。

 

その時に思い出したのが彼女の妹の存在でした。

 

彼女は口癖のように妹を「親孝行でやさしい自慢の妹だから
誰より幸せになって欲しい」と言っていた事。

 

夫はその時彼女の意志を継いで自分が
妹を幸せにしたいと思ったのでした。

 

「本当に仲の良い姉妹だったんだね」
姉の気持ちを思い涙する里子。

 

時は流れ2人の間に生まれた娘は姉そっくりに
美しく成長して花のような笑顔を見せるのでした。

 

非激愛~不倫という恋をしたを読んでみる
 

サイト内より【非激愛~不倫という恋をした】と検索。

 

非激愛~不倫という恋をしたの感想

 

美しい人やお金持ちは幸せになれる筈だと皆思っています。

 

でもこの物語ではそれが全て裏目に出てしまい
幸せになれるはずの人々が不幸になってしまいます。

 

そもそも姉の夫が問題アリ。

 

お金持ちである彼はせっかく美人で気立てのよい姉と
結婚できたのにプレゼントのリアクションが弱いというだけで
自分を好きではないのだと思ってしまうのです。

 

きっと今までプレゼントを貰った人は皆大喜びしたのでしょうね。

 

非激愛~不倫という恋をした
非激愛~不倫という恋をした

 

姉は19という若さで貧しい生活からお金持ちの家に
嫁いで来たのですから高価なプレゼントに面食らって
当惑したのではないか?

 

もともとおとなしい性格なら大喜びなんてリアクションは無いかもだし。

 

それを勘違いして姉が自分と結婚したのはお金の為だけで
他に好きな男がいたと思いこんでしまうとはあまりに早とちりですよね。

 

お金が無ければこんな美人で気立ての良い娘が
自分の嫁になってくれるはずが無いとでも?

 

自分はお金持ち以外に取り柄が無いとでも?

 

当時は若くて思慮に欠けてもいたのでしょう。

 

その為に姉はなんとも不幸な末路を辿るのですが。

 

姉と築けなかった愛の巣。

 

姉が愛した妹を愛する事で姉との愛を
昇華しようとしたのでしょうか?

 

二人の間に生まれた美しい娘は
姉の生まれ変わりだったのかもしれません。

 

非激愛~不倫という恋をしたを読むしかない
 

サイト内より【非激愛~不倫という恋をした】と検索。

 

 
イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です