僕たちがやりましたのネタバレと感想!試し読みをするならココ


この記事は約 8 分で読めます。



退屈で平凡すぎるごくありふれた日常を送るトビオ。

 

別にこれと言ったことは期待せずに自分の平凡な人生と
お金持ちなパイセンとの恵まれた付き合い。

 

まあまあ満足していた彼の安定した日々は
ちょっとしたイタズラで崩れ落ちてしまう。

 

犯罪者になってしまった罪を抱える事となってしまう
彼の青春はどうなってしまうのか?

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【僕たちがやりました】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕たちがやりましたを無料で立ち読み

 

お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

僕たちがやりましたのあらすじ

 

主人公のトビオはどこにでもいる普通の高校生です。

 

少し冷めた性格をしておりこれといった特別な事に期待するわけでもなく
平々凡々な日常を受け止め時には退屈だと思いながらもこのありふれた毎日を
平和と受け入れて過ごしていたいわゆるいまどきの青年でした。

 

親友のマルと伊佐美と何変わらぬ日常を送り三人で登校する中で話すのは
伊佐美に彼女が出来た事やマルが訪ねるエッチな事をしたかとか
そんな思春期にありふれた会話ばかり。

 

途中で彼らが通う凡下高校の生徒が矢波高校のDQNにカツアゲを受けていましたが
関わらないようにしながら登校を続けます。

 

トビオは自分達の事を草食獣と例え矢波高校の生徒を肉食獣と例え
彼らに目を付けられないように学園生活を送るようにする事を鉄則としていました。

 

僕たちがやりました
僕たちがやりました

 

誰よりも今の学園生活を大切にしていたトビオ。

 

なんで今の学園生活を大切にしているのか?

 

それは放課後のマルと伊佐美しかいないフットサル部で自堕落な日々を彩らせてくれる
彼の学園生活を充実へと変えてくれる存在がいたからです。

 

OBと20を過ぎても平日にも関わらず高校へと遊びに来る先輩風をふかすパイセン。

 

無職でありながらも途方もない程のお金を持つ彼の存在がトビオとマル
伊佐美の学園生活を充実させていました。

 

でもそれがトビオ達の人生を狂わせてしまうのです。

 

僕たちがやりましたを無料で試し読みしてみる
 

サイト内より【僕たちがやりました】と検索。

 

今夜、NOとは言わせない…外国人上司のケモノな本性

 

僕たちがやりましたのネタバレ

 

いまどきの若者を描いたようなありふれる程に平凡な日常を送っていたトビオ。

 

彼には小柄な体格をし腹黒な性格をしたマルや後輩の彼女がいるリア充な
伊佐美などの親友がおりそれなりの日々を過ごしていました。

 

また彼らには遊び友達の金ヅルもといOBのパイセンがおり
遊ぶ際のお金には苦労しないそれなりに充実していた日常を送っていました。

 

でもある事件が彼らの日常を大きく狂わしてしまいます。

 

事の発端はマルがイタズラ半分で矢波高校の生徒に罵声を浴びせた事が原因でした。

 

どうせ離れて聞こえないだろうとマルは調子に乗って叫びますが
通りかかった矢波高校の生徒に聞かれてしまい絡まれてしまいます。

 

でもそこをパイセンの機転で潜り抜け事なきを得ますが
マルは矢波高校の生徒に拉致されてしまいます。

 

人気のない倉庫に連れていかれガンを飛ばしたと言いがかりをつけられた相手と
喧嘩を強要されてしまうマル。

 

なんとか勝ち残りますが結局は不良の良い様にいたぶられ
マルはひどく痛めつけられてしまいます。

 

僕たちがやりました
僕たちがやりました

 

段ボールに押し込められカラオケの帰りに見つけてしまうトビオ達。

 

マルを痛めつけられ不良達に微かな怒りを覚えたトビオ達は
矢波高校の生徒に復讐をしようと動きます。

 

喧嘩で勝てないのならとパイセンが金と暇で作った手製の爆弾で
彼らを驚かせてやろうと動きます。

 

夜中の矢波高校へと侵入し窓ガラスに爆弾を設置し翌日に自分達のいる学校の屋上から
彼らが慌てふためくところを見てやろうと爆弾を作動させていきます。

 

窓ガラスが割れ至る所から爆発音が響き
慌てふためく彼らを見て楽しんでいたトビオ達。

 

でもある爆発がガス爆発を引き起こしてしまい
矢波高校は炎に包まれてしまいます。

 

軽いイタズラが大惨事を引き起こしてしまった彼ら。

 

こうしてトビオ達の退屈な日常は終わりを告げてしまう事となるのです。

 

死亡事故までに発展し世間を騒がす程の事件になっていく中で
様々な感情に左右されていく彼等はどう動いていくのでしょうか?

 

僕たちがやりましたを試し読みをしてみる

サイト内より【僕たちがやりました】と検索。

 

僕たちがやりましたの感想

 

週刊ヤングマガジンで連載していた「僕たちがやりました」は平凡な日常を送っていた筈の少年達が
不良にちょっとした仕返しで行ってしまったイタズラで
人生を大きく狂わせていく転落を描いた作品です。

 

軽はずみな行為で平凡だった日々が狂ってしまうと。

 

もしかしたら自分にもあり得てしまうかもしれないふとした軽はずみで
起きてしまったイタズラによる転落劇が実に読み応えのある目の離せない緊迫感で
リアルに描かれ登場人物達のクセのある個性で物語がスピーディーに進んでいきます。

 

そんな物語の主人公であるトビオは何気なくに退屈な日常を過ごしていた普通の高校生でした。

 

でも遊び仲間のマルが不良にリンチにあいその仕返しにと
お金持ちの先輩ことパイセンの力を駆ります。

 

僕たちがやりました
僕たちがやりました

 

信じられない程のお金を持つ彼が作った爆弾で不良達の高校を騒がせて笑うだけの軽いいイタズラの筈が
死人を出してしまう大事件となってしまい彼らの平凡な日常は壊れてしまいます。

 

最初は自分達には関係の無い事だと誤魔化そうとしていきますが
次第に迫りくる警察の追求や不良達の仕返しやまた罪悪感などで
彼らはゆっくりと壊れていきます。

 

仲間だと信じていたのに裏切られ罪悪感に耐えきれずに自殺を考え
嘘をついて誤魔化そうとするなど人殺しの重圧に苛まれ
感情が壊れていく彼ら。

 

その最中で様々な感情に流されていくトビオとパイセン達の抗いやまた目まぐるしく変わる環境などで
将来すらも大きく歪めていきますがこの物語を通して見れるのは
あくまでも前向きに生きようとする彼らのポジティブさにあります。

 

裏切ろうが誤魔化そうが幸せになろうとする彼ら。

 

大きな罪を背負いながらも貪欲に楽しんで生きようとする
そんなヒューマンドラマを魅せてくれるそんな作品です。

 

僕たちがやりましたを読むしかない
 

サイト内より【僕たちがやりました】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
 
イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です