UQ HOLDER!のネタバレと感想!無料試し読みはココから


この記事は約 13 分で読めます。



赤松建先生が描く格闘と魔法が織りなす
痛快バトル漫画「UQ HOLDER!」

 

タイトルに込められた意味。

 

UQ(悠久)HOLDER!永遠を持つ者たちとそれを狩る不死人狩りによる
熱いバトルと笑いと萌えそして当然脱げちゃいますのエロもある!?
「魔法先生ネギま!」の作者が描く近未来バトルファンタジー!

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【UQ HOLDER!】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

UQ HOLDER!を無料で立ち読み

 

お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

UQ HOLDER!のあらすじ

 

エヴァンジェリン・・・少女は語る――私は吸血鬼・・・
七百年生きている不老不死だ・・・羨ましい?

 

待て待てそんなにいいものじゃないぞ?

 

舞台はとある村の学校から始まる。

 

そこに住む少年「近衛刀太」は友人たちと「不老不死」について語り合っていた
とは言ってもその内容は友人同士のバカ話のようなもので本当の目的は別にあった。

 

道を歩くのは女性…容姿は日本人ではなく整った容姿で
歩く姿は大人の妖艶さを放っている―そんな女性に
刀太たちはあろうことか木刀を片手に襲いかかるのである。

 

刀太が彼女の後頭部に木刀を振り下ろす―危ないそう思うのも束の間刀太は
「見えない壁」に阻まれて続々と襲いかかっていた友人たちもまた
その見えない壁に阻まれてしまいその女性から振り下ろされる
鉄拳制裁によってあっという間に刀太たちは
ノックアウトされてしまった。

 

その女性の名を「雪姫」この村の学校の教師でありそして「魔法」が使えた。

 

そうこの世界は「魔法」が認識されている世界。

 

しかも「魔法」がプログラム化されており
道具で使用できちゃうのが一般的になっている世界だった。

 

しかし刀太が住む村は田舎。

 

まだ「魔法」がもの珍しく使える人間は雪姫ぐらい。

 

しかしどうして刀太と友人たちは雪姫を倒そうと
何度も襲いかかっているのか・・・

 

それは雪姫を倒せば都会に行くことを許してもらえるからだった。

 

田舎の人間が抱く都会への憧れ・・・それだけではなく
その都会にそびえ立つある高い高い塔を目指して。

 

しかし雪姫はもの凄く強いけれども諦めないと心を新たに誓い
今日もまた一緒に暮らしている部屋の中でも襲いかかるのであった。

 

当然こてんぱに負けるわけだが。

 

そんなある日・・・

 

刀太はいつものように襲い掛かりいつものように負けて
不貞腐れながら友人たちと下校していた。

 

そこに村の学校の教師「橘」から「魔法」を覚えてみないかと誘われ
さらに必勝法と題してある腕輪を雪姫に渡してみないかと言われる。

 

それは魔法を無効化する腕輪。

 

その教師・橘は実は賞金稼ぎで雪姫こと
本名「エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル」という
高額の賞金首を狩るためにこの村に来たのだった。

 

UQ HOLDER!
UQ HOLDER!

 

刀太からプレゼントされた腕輪をつけた雪姫に
刀太の友人たちが襲いかかる。

 

それは当然遊びの範疇でしかない。

 

しかし賞金首の橘は文字通り雪姫の命を狩るために行動している。

 

何も知らない刀太の友人たちによる魔法の攻撃
そして魔法を無効化する腕輪の存在・・・この状況が成った瞬間
橘は雪姫に襲いかかるのだった。

 

あっという間に追い詰められていく雪姫。

 

しかし異変を感じた刀太が橘を止めようと襲いかかった。

 

しかし相手は賞金首。

 

なんの情も容赦もなく刀太の右腕を切り落とし
そして雪姫をバラバラに切り刻んでしまう。

 

自分の渡した腕輪によって引き起こされた雪姫の死。

 

刀太は泣き叫び自分を責めながらも
橘によって胸を一刺しされて倒れてしまった。

 

「これで終りなのか」そんな思いが去来しながら暗転する中
誰かの声が響く。

 

「この程度で諦めるのか?」その声の主はなんと
バラバラに切り刻まれたはずの雪姫だった。

 

冒頭で語りかけていた少女「エヴァンジェリン」

 

それは雪姫と同一人物。

 

つまりは雪姫は不老不死の不死身の生き物だった。

 

そして刀太もまたある事件の折に雪姫によって
仮の不死身状態にされていてだからこそ
胸を一刺しされた状況でもまだ生きていた。

 

雪姫は語る
「選択肢は2つ。諦めるか立ち上がるか。立ち上がりたくば私の血を舐めろ」

 

人としての死か不老不死の化物に成り果てるか…けれども刀太は
橘による凶刃から友人たちを救うためそして雪姫を救うために
雪姫の血を舐めて立ち上がった。

 

不老不死の力。

 

そして普段雪姫に鍛えられた拳で橘に立ち向かっていく刀太。

 

立ち上がってくるはずのない者が向かってくる姿に橘は動揺し
そしてあっさりと刀太の拳に倒れた。

 

全てが終り刀太に申し訳なさそうに語る雪姫。

 

「不老不死なんていいものじゃないお前の意思も聞かずに
そんな化物にして黙っていてすまなかった」

 

けれども刀太はあんたと一緒なら
永遠に生きるのも悪くないさ。

 

そう言って笑って許すのだった。

 

刀太と友人…そして雪姫を襲った事件はこうして一つの顛末を迎えた。

 

しかし雪姫の正体がバレてしまい。

 

このまま村にいたらいつ賞金首が襲って来るかわからない。

 

雪姫と刀太は村を出て行く決心をする。

 

友人たちに見送られながらあの目指していた都会そして高い高い塔に向けて。

 

UQ HOLDER!を無料で試し読みする
 

サイト内より【UQ HOLDER!】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

UQ HOLDER!のネタバレ

 

不老不死に成り果てたモノ。

 

悠久を持つ仲間たちが織り成す重厚なストーリー。

 

不老不死になった刀太は雪姫と共に都会へと目指して旅を始める。

 

道中「不死狩り」というある退魔の一族の少女と
見紛う美少年・九郎丸と出会った。

 

彼と半ば強引に友達になるが彼は不死者を
闇へと返すのを役目として背負っていた。

 

その役目を果たすために刀太へと襲いかかる九郎丸。

 

しかし現れた雪姫によって突き刺されて倒れてしまった。

 

雪姫を責める刀太だったが彼の目の前で
九郎丸の傷があっという間に修復していく
そう彼もまた不死者だったのだ。

 

不死狩りを遂行する一族でありながら
不死者の呪いを受けた九郎丸。

 

紆余曲折あり彼と拳で語り合い友達になった刀太は彼にこんな話をする。

 

「不死の力なんてすげぇ力。世のため、人のために使わなきゃもったいないぜ?
だから不死身の仲間を集めよう」と。

 

雪姫はそんな話を聞いて笑い始める。

 

そうかつて同じことを考えたヤツがいる。

 

そんなヤツと雪姫が作り上げた組織不死人一家「UQ(悠久)ホルダー」
そこには色んな種類の不老不死・不死身のモノがいた。

 

吸血鬼に並ぶ不死の力を持つ神話の類を操るモノ。

 

不死にまつわるアイテムの使用したモノ。

 

電脳またはロボットなどの科学を利用したモノ。

 

UQ HOLDER!
UQ HOLDER!

 

命にストックがあるモノ。

 

死なずの呪いを受けたモノ。

 

死ぬと転生して死ぬ前に逆行するモノ。

 

そんな組織に雪姫と訪れた刀太と九郎丸。

 

雪姫との再会を喜ぶ「UQホルダー」の面々だったが
刀太と九郎丸に関しては君たちを仲間だと認めたわけじゃないと
ある試練を与えられ穴へと落とされてしまう。

 

暗い暗い穴の中。

 

そこから抜け出せば仲間だと認めようと・・・
しかしそこは化物さえも食う怪物の巣窟だった!?

 

そんな場所をなんとかくぐり抜けて生還した刀太と九郎丸は
正式に「UQホルダー」のメンバーとなる。

 

しかし刀太は疑問に思う。

 

ここはいったい何をする組織なのか。

 

メンバーの一人がそんなことも知らないで
試練を受けたのかと呆れながらもこう語る。

 

「UQホルダー」――人の世からはじき出され蹂躙され
忘れさられる者たちの互助機関。

 

そんな人間を助けるのが自分たちの役目だと。

 

そんな人々を救う活動を始めた刀太たちだったが彼の前に
不死狩りの人間が続々と現れる。

 

そんな敵と戦いながら成長していく刀太たちの姿はぜひ
その目でご覧になってくださいね! 

 

だんだんとお話の面白さに目が離せなくなっていきますよ。

 

そして一つ重要なのがこのお話は赤松建先生の前作品
「魔法先生ネギま!」の正当な続編となっています。

 

雪姫の本名「エヴァンジェリン」や第一話にある刀太の祖父と言われる
「ネギ・スプリングフィールド」はこの「魔法先生ネギま!」の主人公。

 

色々なところに前作品と繋がっていることを示唆しています。

 

そしてこのことが「UQ HOLDER!」の物語にも
深く深く繋がっていくわけなんですね。

 

UQ HOLDER!を試しに読んでみる
 

サイト内より【UQ HOLDER!】と検索。

 

UQ HOLDER!の感想

 

可愛い絵柄と本格格闘漫画のギャップが面白い。

 

しかも萌えも完備とは恐れいります。

 

そこはやはり赤松先生たる所以といいますか「ラブひな」や
「魔法先生ネギま!」で世の青少年を萌えに引き込んだ腕前は健在です!

 

そして格闘漫画らしく常に戦闘
常に試練が刀太に襲い掛かります。

 

躍動感と疾走感のある戦闘シーンは「魔法先生ネギま!」でも描かれていましたが
この「UQ HOLDR!」はまさにそれがメイン!

 

動きそしてコマ割りが見やすくついつい先が読みたくなります。

 

どんどんページをめくり続けてあっという間に1冊終了!

 

さぁ次の巻は…なんて止まらなくなってしまうことうけあいです!

 

しかしこうして何度も何度も前作品の名前を出していると
この「魔法先生ネギま!」を知らないと楽しめないんじゃない?と
不安になる方も多いかもしれませんよね。

 

しかしこれがまったく知らなくても物語に飲み込んでいけるんです。

 

UQ HOLDER!
UQ HOLDER!

 

というのもキャラが非常に魅力的で中でも主人公である刀太は
うじうじと悩んだりせずに良いと思ったことは即決
即行動というのが信条なので見ていて気持ちがいいです。

 

一度この作品を読んで前作品も気になったのなら読んでみる。

 

そんな軽いスタンスでオーケーなのです。

 

そうすることで「UQ HOLDER!」がさらに深く
そしてもう一度味わえるそんなお得な作品でもあるわけですね。

 

一度ご覧になればこの世界にハマってしまう。

 

そんな作品「UQ HOLDER!」はオススメですよ!

 

UQ HOLDER!を読むしかない
 

サイト内より【UQ HOLDER!】と検索。

 

 
イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です