機動戦士ガンダム THE ORIGINのネタバレと感想!試し読みはココ


この記事は約 7 分で読めます。



人類が増えすぎたことにより人は宇宙にコロニーを作り
移民させるようになりそこを第二の故郷とした。

 

地球から最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り
地球連邦政府に独立戦争を挑んできて・・・。

 

今アムロとシャアの壮絶な闘いが始まる。

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【機動戦士ガンダム THE ORIGIN】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

機動戦士ガンダム THE ORIGINを無料で立ち読み

 

お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

機動戦士ガンダム THE ORIGINのあらすじ

 

地球連邦とスペース・ノイドと呼ばれる人たちで構成されるコロニーの独立戦争。

 

それが「一年戦争」と呼ばれる戦いです。

 

コロニーには7番まで番号付けされており「サイド7」はまだコロニー工事
(と呼ばれているが実は連邦のモビルスーツ開発地を併設している)
新造のコロニーでした。

 

そのコロニーで「V作戦」と呼ばれる連邦のモビルスーツ開発が進められている
という情報を入手したジオン公国のシャア・アズナブルはモビルスーツ「ザク」の
1部隊を引き連れ偵察に向かいます。

 

機動戦士ガンダム THE ORIGIN
機動戦士ガンダム THE ORIGIN

 

突然のジオンの強襲に逃げ惑う人々は連邦軍に助けを求めホワイトベースと呼ばれる
新造艦に避難し開発途中であったRX-78-2「ガンダム」に開発者の息子であるアムロ・レイが乗り込み
なんとか危機を脱します。

 

避難民の「地球に避難したい。」という希望に沿う形で
様々な苦難を乗り越えホワイトベースは地球のジャブローに到着します。

 

そこでもジオンのシャア・アズナブルの攻撃を受けます。

 

その最中避難民としてホワイトベースに乗艦していたセイラ・マスは
戦いの中でシャア・アズナブルと出会い生き別れた兄だと確信します。

 

兄が生きていたことに喜ぶセイラの回想シーンによりジオン・ダイクンの死から
一年戦争が起こるまでのオリジナル・エピソード「シャア・セイラ編」へと語り継がれていきます。

 

機動戦士ガンダム THE ORIGINを無料で試し読みしてみる
 

サイト内より【機動戦士ガンダム THE ORIGIN】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

機動戦士ガンダム THE ORIGINのネタバレ

 

時は「宇宙世紀0069」。

 

まだサイド3というスペース・コロニーが「ジオン公国」ではなく
「ムンゾ共和国」と名乗っていた頃のこと。

 

ジオン・ダイクンは全宇宙に向けスペース・ノイドの独立を宣言する演説を始める矢先に
心臓発作で亡くなります。(ザビ家の陰謀、毒殺とも噂された)。

 

ダイクンの妻アストライアは塔に幽閉され残された遺児であるキャスバルと
アルテイシアはダイクン家の後ろ盾をしていたジンバ・ラル、ランバ・ラル親子に助けられ
地球へと送り出されました。

 

その後テキサス・コロニーに渡りそれぞれエドワウ・マス・セイラ・マスと名乗り
暮らしていた二人でしたが母の死をきっかけにエドワウ(キャスバル)は
ザビ家への復讐の旅に出ます。

 

空港で偶然隣家の友人で双子のように似ているシャア・アズナブルに会うエドワウ。

 

士官学校へ行くというシャアにトラブルを起こさせ士官学校の
入学許可証を手に入れたエドワウはシャアと入れ替わり
トラブル対応のためジオン公国行きの便を譲ります。

 

機動戦士ガンダム THE ORIGIN
機動戦士ガンダム THE ORIGIN

 

しかしエドワウとして乗ったシャアの船は爆発を起こし
本物のシャアは死んでしまいます。

 

入れ替わりに成功したエドワウはその後シャア・アズナブルと名乗り士官学校へ入学し
ガルマ・ザビの友人として振舞うが「暁の決起」と呼ばれる士官学校生徒を煽動し
地球連邦の基地を襲撃した罪を問われシャアは退学処分となります。

 

士官学校を退学した後地球で土木工事人をしていたシャアは
カジノでララァという少女に出会います。

 

勘の鋭いララァはカジノのルーレットで当たる番号を
的中させることをやらされていました。

 

勘が外れてルーレットの番号を外したことで折檻を受けたララァを
シャアは保護し宇宙へと連れていきます。

 

その間も情勢の急激な変化は戦争へと動き
シャアも軍に召集されモビルスーツ部隊に配属されます。

 

モビルスーツ部隊を手にしたジオン公国は地球政府に宣戦布告
一年戦争へと突入していきます。

 

機動戦士ガンダム THE ORIGINを試しに読んでみる
 

サイト内より【機動戦士ガンダム THE ORIGIN】と検索。

 

機動戦士ガンダム THE ORIGINの感想

 

当時のテレビアニメ「機動戦士ガンダム」のこう言っては失礼ながら
作画崩れで見苦しかった部分を綺麗な安彦良和氏の絵で見られる
見直すことができるということが一番の魅力ではないかと思います。

 

「ガンダム」の魅力の一つであるモビルスーツ戦が
カッコ良く描かれていることも見逃すことはできません。

 

テレビ初登場以来35年の歴史があり愛されてきた「ガンダム」の
集大成と言っても良い作品になっていると思います。

 

機動戦士ガンダム THE ORIGIN
機動戦士ガンダム THE ORIGIN

 

個人的にはランバ・ラルとハモンさんがカッコ良くてよかった。

 

生粋の軍人気質のラルと明るく陽気なハモンさん。

 

ドズル・ザビの外見に見合わない(失礼)人間的な
優しさがある描かれ方もよかった。

 

よかったよかったばかりになってしまいましたけれど
良い漫画にめぐり会えたと私は思います。

 

機動戦士ガンダム THE ORIGINを読むしかない
 

サイト内より【機動戦士ガンダム THE ORIGIN】と検索。

 

 
イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です