弱虫ペダルのネタバレと感想!試し読みをするならココから


この記事は約 7 分で読めます。



熱い青春が今はじまる!

 

アニメ化や映画化・舞台化・実写ドラマ化など
メディア展開が止まらない話題作弱虫ペダル。

 

スポーツ漫画の題材としては少し珍しく
自転車競技を題材にしています。

 

自転車にかける少年たちの青春ドラマから目が離せません!

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【弱虫ペダル】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

弱虫ペダルを無料で立ち読み

 

お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

弱虫ペダルのあらすじ

 

血と肉と骨で人類最速それが自転車。

 

千葉県立総北高校の一年生小野田坂道はアニメやゲームが大好きなオタク少年。

 

いやしと最新が混在する電脳街アキバをこよなく愛しています。

 

高校も都会の学校にはアニメ好きがいるだろうという予想と
秋葉原に自転車でいける(タダでいける)という理由で選びました。

 

アニメ・漫画研究会に入り楽しい高校生活をスタートさせようと
夢見る坂道・・・しかし現実はそう甘くはなく
アニメ・漫画研究会は活動停止中。

 

意気消沈する坂道でしたが気を取り直して秋葉原にいこうとする最中
同い年の今泉俊介と出会います。

 

弱虫ペダル
弱虫ペダル

 

中学時代から自転車競技に明け暮れていた生粋のロードレーサーである今泉は
ママチャリで斜度20%を超える激坂を鼻歌交じりに登る坂道をみて衝撃を受けます。

 

勝負を挑む今泉でしたが声が大きく乱暴な運動部を苦手に思っている坂道は
最初その勝負に乗り気ではありません。

 

しかし坂道が勝ったらアニメ研究部に入るという今泉が出した条件に
アニメ研究会の活動再開を夢見る坂道は彼と勝負をすることになります。

 

結果は辛くも今泉の勝利。

 

しかしママチャリで自分と対等に戦ってみせた坂道に
今泉は衝撃を受けるのでした。

 

弱虫ペダルを無料で試し読みする
 

サイト内より【弱虫ペダル】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

弱虫ペダルのネタバレ

 

それから数日後いつものように秋葉原にきていた坂道は
そこで派手な風貌の少年と出会います。

 

彼の名前は鳴子章吉関西では名の知れたロードレーサーであり
坂道と同じ総北高等の一年生でした。

 

今泉や彼との出会いで感化された坂道は次第に自転車の楽しみに目覚めていき
彼らとともに自転車競技部に入部します。

 

そうして迎えた一年生ウェルカムレース自分の愛用のママチャリで挑む坂道でしたが
ロードレーサーとの性能にそこで初めて気が付きます。

 

限界を感じリタイアしかけますがそこに坂道専用のロードレーサーが到着。

 

今泉と鳴子と一緒に走りたいその一心で坂道は再び走り始め
先頭を走る二人へと追い付きます。

 

その顔は満面の笑みを浮かべていました。

 

弱虫ペダル
弱虫ペダル

 

結局そのレースはリタイアとなってしまう坂道さらに今泉と鳴子の
全力の一騎打ちを見たことで衝撃を受けますが
彼の才能を先輩・巻島は見出していました。

 

そうして坂道は巻島の指導のもとクライマーとしての才能を
開花させていくことになります。

 

クライマーとして頭角を現す坂道は
インターハイメンバー選抜のための合宿に参加。

 

2年生の手島と青八木コンビに苦戦を強いられ最終日の土壇場で
マシントラブルに見舞われながらも多くの人の助けを借り
坂道はインターハイのメンバーに選ばれることとなります。

 

はじめてのインターハイの舞台で彼に何が待っているのか・・・

 

坂道のはじめての暑い夏はこうして幕を開けることとなります。

 

弱虫ペダルを試し読みする
 

サイト内より【弱虫ペダル】と検索。

 

弱虫ペダルの感想

 

弱虫ペダルは自転車競技というスポーツ漫画の中でも
珍しい題材を扱っている作品です。

 

アニメ化により一気に人気に火が付きロードレースや
自転車競技を一気に世に広めたといっても過言ではありません。

 

以前より随分ロードバイクに乗っている人を
見かけることが増えた気がします。

 

主人公の坂道はオタクで運動もいまいちでと
少年漫画の主人公にありがちな感じのキャラクターでした。

 

ですがとにかく坂道はまっすぐで前向きで
うじうじしたり卑屈になることがありません。

 

運動神経もいまいちである素人同然の坂道がなぜこんなにも上達するのかなど
その裏付けがきちんとされているところも良かったです。

 

弱虫ペダル
弱虫ペダル

 

自転車競技ってあまり運動神経は関係ないんですね・・・
これには正直驚きました。

 

弱虫ペダルというタイトルですが正直坂道は全然弱虫じゃありません。

 

というのもこの弱虫ペダルというのは作者が名付けた
軽いギアで回転数をあげてクルクル回す乗り方
(主人公の坂道がこういった自転車の乗り方をします)
のことであり坂道本人のことではないんですね。

 

そのあたりもうまいな~と感心させられました。

 

現在原作は1年目のインターハイが終わり
2年目のインターハイが描かれている真っ最中です。

 

先輩が卒業し後輩ができた坂道たちが一体どのように
2年目のインターハイを戦い抜くのか・・・
少年たちの熱い青春からまだまだ目が離せそうにありません。

 

弱虫ペダルを読むしかない
 

サイト内より【弱虫ペダル】と検索。

 

 
イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です