さよならソルシエ(漫画)のネタバレと結末&感想!試し読みはココ


この記事は約 6 分で読めます。



誰もが知っている悲劇の天才画家ゴッホ。

 

生前認められることのなかった彼が
なぜ後世有名な画家となったのか?

 

そのドラマチックな人生やエピソードの陰には
弟テオの奇抜な策略があった!

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【さよならソルシエ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

さよならソルシエを無料で立ち読み

 

お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~

 

さよならソルシエのあらすじ

 

19世紀末パリの美術商グーピル商会で働くテオドルスは
ソルシエ(魔法使い)と異名を持つほどのやり手支配人。

 

一見型破りに見えてその実計算し尽くされた方法で
大きく売り上げを伸ばしていました。

 

しかし正統派美術商に身を置きながら
彼は心の中ではある野望を持っていました。

 

さよならソルシエ
さよならソルシエ

 

それはパリ美術界を支配する
保守的な体制を内側から壊すこと。

 

そして当時の伝統的な権威主義の美術界では異端であった
後に後期印象派と言われるロートレックら画家達を扇動して
パリの美術界に革命を起こそうとします。

 

彼の企みの陰には実兄フィンセントの存在がありました。

 

テオは彼とは対照的にぼんくらな兄フィンセントの絵の才能を
唯一見抜いている人物だったのです。

 

テオのかける魔法により炎の画家フィンセント・ファン・ゴッホの
伝説が始まりました。

 

さよならソルシエを試し読みする
 

サイト内より【さよならソルシエ】と検索。

 

幼馴染はもうやめた。

 

さよならソルシエのネタバレ

 

現在ゴッホは後期印象派を代表する画家の1人で
世界的に有名かつ人気の高い画家です。

 

その独特のうねるような画風はもとより
ゴッホと言えば波乱の人生と狂気に満ちたエピソードをして
語られることがほとんどです。

 

学校中退・仕事の解雇・失恋・家族との確執
自ら傷つけた耳・精神病・ピストル自殺・・・

 

しかしもしそれが全部嘘だったら?

 

誰かの作り話だったら・・・?

 

この物語は誰もが知っている悲劇の天才画家ゴッホの人生を
今までになかった解釈で描いた衝撃的な伝記です。

 

弟テオは唯一フィンセントの才能を見抜き
彼の名と作品を後世に残すべきだと考えました。

 

さよならソルシエ
さよならソルシエ

 

それは兄への強烈な愛であるのと同時に
幼い頃からの嫉妬・憎しみ・絶望もはらんだ
複雑な感情でもあったのです。

 

描くことが兄の宿命。

 

それを世界に広めることが弟の宿命。

 

これは愛僧を超えた宿命を背負わされた兄弟の話なのです。

 

兄弟で伝説を作ろうとした矢先衝撃的な事件が起こります。

 

フィンセントの個展の前夜に
彼が暴漢に殺されてしまったのです!

 

悲しみにくれるテオ。

 

しかし彼にはまだやるべきことが残っています。

 

フィンセント亡き後一体どうすれば
その絵は後世に残すことができるか?

 

そのためにはフィンセントの人生では
足りないものがあると彼は考えました。

 

ソルシエ・テオは凡庸だった兄の人生を作り変え
狂気と波乱に満ちたエピソードとともに
炎の画家フィンセント・ファン・ゴッホを
誕生させたのでした。

 

そして世界がその魔法がかかった時
宿命を終えた魔法使いもまた姿を消したのでした。

 

さよならソルシエを読んでみる
 

サイト内より【さよならソルシエ】と検索。

 

さよならソルシエの感想

 

世間から認められずに狂って死んでいった画家と
それを献身的に支え続けた弟。

 

今あるゴッホ兄弟のイメージを覆す物語に
最初は戸惑いました。

 

ぼんくらなフィンセントとキレ者のテオの話が
初めは画家ゴッホの話だと気づかなかったくらいです。

 

しかし読み進めるうちに私自身も策略にはまり
本当に実話なんじゃないかと思ってきてしまいます。

 

テオの魔法ではなく作者の魔法ですね。

 

うまいです。

 

さよならソルシエ
さよならソルシエ

 

これだけゴッホ=狂気というイメージが一般的に定着している中で
実はまったく違うキャラクターだったというのは
すごく大胆な切り口だと思います。

 

表に出ている美術史とともに読んでみたくなるお話です。

 

しかしもしかしたら美術に詳しい人やゴッホのファンの方の中には
納得できない人もいるかもしれません。

 

その場合はゴッホ云々は別にして才能を与えられた不器用な兄
才能はなくとも器用に生きる術はある弟の話として読んでも
興味深いかと思います。

 

頭がよくて器用で抜け目ないテオがぼんくらな兄に嫉妬する様子は
いい男であるゆえに尚更必見です。

 

さよならソルシエを読むしかない
 

サイト内より【さよならソルシエ】と検索。

 

 
イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です